こいけいろぐ

http://surf2koike.blog62.fc2.com/

2017年 09月 24日 コンパクトカメラ向けストラップ(ハクバ テーパードストラップ15)の購入

ハクバ テーパードストラップ15 ブラック KST-60TP15BK をヨドバシ・ドット・コムで購入。1,090円。

2011年に購入した SIGMA DP2x に付属しているストラップが、だんだん毛羽立ってきたので、代わりのストラップを購入することにしました。

実は、ここしばらく一眼レフ向けのストラップを付けていたのですが、DP2x の重量からすると大げさな装備になっていました。そこで適当なサイズのものを探していたところ、最近になってヨドバシカメラの店頭でこの商品を見つけました。

ハクバ テーパードストラップ15

こんな感じで装着完了。
DP2xはそろそろ手放してもいいかな、などと悩んでいたのですが、まだまだ大事に使ってやろうと思います。




スポンサーサイト

2017年 05月 14日 DSC-WX50の操作スイッチブロック修理

4年半前にサンタさんが買ってくれた ソニー DSC-WX50(B) の動作が不調とのことで、娘から買い換えの相談を受けました。
当時、サンタさん(と私)が少し奮発して、型落ち間際の破格値(9,500円)で購入したものですが、娘はかなり使い込んだようで、筐体やキー操作にガタが来ています。

そこで最近の機種を調べてみたのですが、この類の安くて高機能なデジカメは、各社、軒並み撤退してしまったことがわかりました。CMOS撮像素子を搭載しての高感度撮影や、フルハイビジョン動画撮影を行いながら静止画を撮影できるものは皆無です。

他社も含めて、希望は潰えたか... と思ったのですが、ふと、このカメラを「カメラのキタムラ」で購入したことを思い出し、箱と保証書を引っ張り出してきたら、「安心の5年間保証」に入っていたことがわかり、修理に出すことにしました。

交換された操作スイッチブロック


結果、操作スイッチブロックに不具合を確認したとのこと。ソニーの定額修理料13,964円(税込)から、カメラのキタムラによる5年間保証(100%)分の9,500円(購入時価格)を引いた、4,464円を支払いました。

これで、娘が愛用しているこの機械がさらに活躍してくれることを期待したいです。何せ、前述のように各社が撤退してしまったカテゴリーですので。




2017年 01月 22日 「飛びこめ!!沼 01」

COMIC ZIN 新宿店にて、SIGMAのカメラ好きな紳士たちの間で話題沸騰中の同人誌をゲット。

飛び込め!!沼01


シグマのカメラにハマる人たちの心をつかんで離しません(笑)。私も大うけでした。


2015年 12月 20日 DSC-RX100のソフトウェアアップデートを実施

昨年購入した ソニー Cyber-shot RX100 について、この1月にソフトウェアアップデートが公開されていることを今ごろになって知りました。

そこで、こちらのページの案内に沿って、Windows 10のパソコンからアップデートを実施することにしました。説明に沿って、ファームウェアアップデーターを開始することで、以下のようにアップデートが実施され、バージョンが1.00から1.10に更新されます。

DSC-RX100 Firmware Updater


アップデート内容は、「オートフォーカス時に、まれに異音を伴うレンズの振動を感じる場合がある症状を改善しました。」とのことです。私は、この症状には遭遇したことが無いので、アップデートの恩恵は特に無いかもしれません。

2015年 09月 19日 シグマ dp3 Quattro のカタログを鑑賞する

先日のエントリで、「最近のシグマのカタログ(dp Quattro以降)は『写真の魅力を軸に機材を語る』内容ではなくなってしまった」と書きましたが、本日シグマから届いたこのカタログでは、再びその内容に戻ってくれていました。うれしいです。

SIGMA dp3 Quattroカタログ(トミオセイケ)表紙

シグマからの手紙より、一部引用させていただきます。
「SIGMA DP3 Merrillのカタログに作品を提供してくださった(トミオ)セイケ氏が、SIMGA dp3 Quattroで撮り下ろした作品を編んだものです。」

ぜひ、この路線のカタログ作成を継続してほしいです。

2015年 07月 25日 リコー GRII のカタログを鑑賞する

昨日、中野のフジヤカメラに出かけた際に、先週発売されたリコー GRII のカタログをもらってきました。前機種のGRのカタログもそうでしたが、このカタログはまるで「写真が機材を語る」ように、素敵な写真がたくさん載っています。

リコーGRIIカタログ表紙

以前に、私がシグマ DP2x を購入したころのカタログも「写真の魅力を軸に機材を語る」内容で大好きだったのですが、残念ながら、最近のシグマのカタログ(dp Quattro以降)は、そうではなくなってしまいました。

私は、カタログ集めは趣味ではないのですが、趣味の良いカタログは好きなので、今後はGRシリーズを追ってみようと思います。
機材としてのGRは、フィルムカメラ時代に28mmのGR1sと38mmのContax T2を比べて後者を選んだこともあり、使うことはなさそうです。41mmのDP2xで引き続き楽しみます。

(2015/09/19 追記)
最新のシグマ dp3 Quattroのカタログでは、再び写真中心のものになっています。こちらのエントリに書きました。

2014年 12月 27日 シグマ DP2x にフードを追加

SIGMA DP2xを購入してから3年が経ちました。購入時は、キャップの代わりにJJC製のオートレンズキャップを付けていたのですが、以下の理由により、そろそろちゃんとしたフードを付けようという気になりました。

・自分の使い方を振り返ると、DP2xに速射性を求めたことは無かった。
一眼レフを売却してソニー DSC-RX100を入手してから、DP2xが趣味のメインカメラとなり、RX100は速射も含めてそつなくこなすサブカメラという位置づけに変わった。
・逆光時など、フードが無くて画質が落ちることが気になるようになった。

そこで、以下の機材を入手しました。
・シグマ フードアダプター HA-21
新品はもう流通していないとのことだったので、ヤフオクにて中古品を入手。1,480円。
エツミ E-6309 メタルインナーフード 46mm ブラック
Panasonic LUMIX G 20mm/F1.7用に企画されたレンズフード。35mm換算で40mmのレンズなので41mmのDP2xに使えるとの情報を、あさひわ(旭和)様のページより入手し、 yodobashi.comにて購入。1,920円。
エツミ E-6386 インナーワンタッチキャップ 37mm用
前記フードと組み合わせるキャップです。yodobashi.comにて購入。299円。


結果、以下のような装備になりました。

・フード無し
フード無し

・JIC製のオートレンズキャップを装着 (従来)
JIC製のオートレンズキャップを装着 (従来)

・HA-21を装着
HA-21を装着

・HA-21のフード先端をエツミ製のインナーフードに交換
HA-21のフード先端をエツミ製のインナーフードに交換

実は、5万円を切ってそろそろ在庫が無くなりそうな気がする DP2 Merrill への移行も検討したこともあったのですが、私にとっては、DP2xの使い勝手と写りに文句があったわけではないので、止めました。

今回、フードを追加したことで、DP2xをまだまだ使い倒してやろうと思っています。




2014年 06月 10日 雲台 Velbon PHD-31Qの購入

ベルボンの雲台 PHD-31Q を、ヨドバシカメラ マルチメディア横浜にて購入。3,427円。

2年前に同社の一脚 ULTRA STICK M43Qを購入したところ、自由雲台QHD-33Qのクイックシュー機構がとても便利だったので、同じクイックシュー QB-3 が使える三脚向けの雲台を探して購入しました。
店頭価格は3,650円でしたが、価格コムの最安値をチェックして店員さんに相談したところ、ポイント相当込みで同価格にしてもらえました。

Velbon PHD-31Q

私は、三脚にSLIKのスプリント PROを長く使っているのですが、今回、その自由雲台SBH-100を取り外して、代わりにPHD-31Qを取り付けました。これでさらに便利に使えそうです。



2014年 06月 08日 デジカメのセンサーサイズと被写界深度の関係 (等価f値の計算)

先日、ソニー DSC-RX100 を購入してから、その日の気分によって シグマ DP2x といずれかを持ち歩いてスナップ撮影するようになったのですが、撮影された写真をチェックしていて、RX100の被写界深度が想像していたよりも深いことに気づきました。

被写界深度は、被写体との距離や絞り・センサーサイズによって変わります。その辺の関係を体系的に説明したものを読みたくなり、検索をかけたところ、以下の文書が見つかりました。カール・ツァイスのレンズ部門の方による論文のようです。

Depth of Field and Bokeh / H.H.Nasse (Carl Zeiss, Camera Lens Division, March 2010)

長い論文のため、ちゃんと読み切れていないのですが、今回の疑問に関しては、10ページ目の「等価f値(equivalent f-numbers)」の説明がポイントと思われます。
論文では、アスペクト比 4:3 の場合の換算表が掲載されていました。以下に引用します。

等価f値 (Carl Zeissの論文からの引用)

つまり、

・f値÷センサーの対角線長 (k/D) が同じであれば同等の被写界深度となる (同一画角の場合)

ということのようです。例えば35mmセンサと同一の被写界深度が得られるようなf値を知りたければ、単純にセンサーの大きさの逆数を基準に比例計算すればよいこととなります。
私が使っているカメラはアスペクト比 3:2 ですが、同一アスペクトでの等価f値の計算は、単に比率計算でよいことになるので、

35mmセンサの長辺: 36mm
APS-Cセンサの長辺: 23.6mm
Foveon X3センサの長辺: 20.7mm
1インチセンサの長辺: 13.2mm

であることを踏まえると、例えば、1インチセンサでのf2.8が、35mmセンサではどのf値に相当するかというと、
2.8:13.2 = x : 36
x = 2.8 x 36 / 13.2 = 7.6
答: f7.6
となるわけです。

対数目盛でグラフ化してみると、以下のようになります。

等価f値のグラフ

横軸はカメラで設定する絞り、縦軸はそれが35mmセンサでのどの絞りに相当するかを示します。
・1インチセンサでのf2.8は、35mmセンサではf7.6相当であり(x軸を基準にy軸の値を読む)、逆に、
・1インチセンサで、35mmセンサのf5.6相当の被写界深度を得るには、f2.1に設定する必要があるわけです。(y軸を基準にx軸の値を読む)

1インチセンサで35mmセンサ並みに背景をぼかす(Bokehをつくる)のは、けっこう難しいようですね。


2014年 05月 18日 Flickrとの連携テスト

これまでシグマ DP2xで撮り貯めた写真をFlickrに載せてみました。試しにリンクを張ってみます。
今後は、先日購入したソニー RX100の写真も追加していこうと思います。



 | HOME |  »

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly

Appendix

surf2koike

surf2koike

いろいろ試してみたことをぼそぼそと。

FC2Ad

まとめ