こいけいろぐ

http://surf2koike.blog62.fc2.com/

2006年 02月 16日 とぼとぼ

20060216.jpg

Caplio R1, F3.3, 1/5s, 28mm Equiv.(+トリミング)


深夜の駅ホームにて。
とぼとぼと帰宅の途につく人たちの両側を、電車が走り去ろうとしているところ

...最近、過労気味だなあ

スポンサーサイト

2006年 02月 07日 IP電話の導入

私が利用しているインターネットサービスプロバイダ("つなぐネット")には、オプションでIP電話サービスがあり、価格的にメリットがあることが分かったので申し込んでみることにしました。

このサービスは、FUSION系のネットワークに接続することで、通話料が日本国内どこへかけても3分8.4円になるというものです。通話先がFUSION IP-Phoneユーザーの場合は無料です。月々の基本料が399円、機器レンタル料が399円の合計798円/月とのこと(初期費用は525円)。これまで、市外通話には日本テレコムのサービスを利用していたのですが、通話明細を見比べたところ、固定費798円を考慮に入れても明らかにIP電話のほうが安上がりです。

先日、Web経由でサービスを申し込んだところ、1週間ほどでレンタル機材が送られてきました。導入マニュアルに従って設定を行ない、電話番号の取得を待つこと1時間。追加設定のナンバーディスプレイ設定を含めても半日弱で準備が完了しました。一点、"IP電話アダプタ"と呼ばれている機械が実は"VoIP機能付きルーター"で、LAN側にはプライベートアドレスが割り当てられてしまうことへの対処でハマりましたが、それ以外は問題なかったです。ちなみにルーターはNECアクセステクニカAterm BR500V(VF)です。

数日使ってみましたが、通話先側の音声の聞こえ方などは問題ないようです。こんなに簡単・安価・便利ならもっと早期に導入しておけばよかったです。

もう少し使い勝手を確認した上で、NTT東日本の固定回線を解約するかどうかを判断したいと考えています。

2006年 02月 04日 SL-C3000のMusic PlayerからZPlayerへの移行

以前より、Zaurus SL-C3000の標準音楽再生アプリであるMusic Player 2.0で快適に音楽を楽しんでいたのですが、とある事情によりMPlayer for Zaurus+ZPlayerの組み合わせに移行しました。

その事情とは、SL-C3000のMusic PlayerがNETJUKE(NAS-M7HD)で録音した一部のMP3データを正しく再生できず、ハングアップしてしまうというものです。

傾向として、曲の最後に向かって音量が徐々に下がっていく(フェードアウトする)曲で問題が起こりやすいようです。Music Playerの画面上では再生位置を示すバーが最後尾で止まってしまい、その曲が最終曲の場合は再生が停止しないこととなり、そうでない場合は次の曲の再生が始まらないということとなります。
そのときは、CPU負荷がはね上がったままになります(通常は1ケタ台の数値が100%近くまで上がる)。復旧方法は無く、ターミナルからkillall musicplayerと打ち込むかZaurusを再起動するほかありません。問題の起こるMP3データでは不具合はほぼ100%再現します。

20060204.jpg

↑再生位置が最後尾になったまま停止しない(音は出ていない)


最初は録音機器側の問題かと思っていたのですが、問題の起こるMP3データはPC上の再生アプリでは正しく再生できることが確認でき、一方NETJUKEの作成するMP3データに似せて、他のPC用ソフトで作成したMP3データからID3V1タグ部分を削除してMusic Playerで再生させると同様な不具合が起きる場合があることがわかったので、SL-C3000のMusic Player側のタグ解析あたりに問題があるのかも、と予想できました。(正確なところはわかりませんが)

そこで、シャープのお客様センターに問い合わせて、問題の起こるMP3データを渡して確認してもらったところ、Music Playerで不具合が再現できたとの回答をもらうことができました。
ところが... 残念ながら、「曲の終わりをうまく検出できていない」ようであるとのコメントはいただけたものの、今後「Music Playerについて変更を行なう予定がございません」とのことで、私はMusic Playerの利用をあきらめざるを得なくなってしまいました。

そこで、移行先を探すべく試行錯誤が始まりました。以前のKino2でハマるというエントリはその時の名残だったりします。
結局は、MPlayer for ZaurusとZPlayerの組み合わせに落ち着きました。こちらでは、Music Playerのような問題は起きていません。

以下、移行時に気づいたことを挙げておきます。

(1) SL-C3000の省電力設定のうち「表示部が閉じられた時にオートパワーオフする」にチェックしておくと、表示部を閉じる時にパワーオフされてZPlayerでの再生が止まってしまうのでチェックを外す必要がある。(Music Playerは再生時にオートパワーオフを抑止できるようになっていた)

(2) リモコン(CE-RH2)のキー操作は、ZPlayerの表示がアクティブになっている(最前面になっている)時にだけ効くので、表示部を閉じて利用する時はZPlayerをアクティブにしてから閉じるように気をつける必要がある。

(3) リモコンの再生ボタンを押すと、デフォルトではMusic Playerが立ち上がってしまう。これは以下のファイルを書き換えることで対処できる。
/home/zaurus/Settings/qpe.confの[Remocon]エントリで、
master = musicplayer
となっているのを、以下のように変更し、リブートする。
master = zplayer

実は、MPlayer for Zaurus+ZPlayerでもいくつか気になる挙動があるのですが、既にバグリストに挙がっているものがほとんどのようですので、修正されるのを待とうと思っています。

2006年 02月 01日 SL-C3000の交換バッテリー ROWA EA-BL11-SA の購入

ロワ・ジャパンのインターネット通販にて購入。4,200円(送料込み)
Zaurus SL-C3000を使い出してから1年以上経過し、電池の持ちが悪くなってきたので交換バッテリーを購入しました。

20060201.jpg


今回はメーカー純正品ではなく、およそ半額で購入できる互換品にしました。このメーカーは商品に3ヶ月間の独自保証を付けており、セルの使用メーカーも開示しているので、その姿勢を信頼することにしました。
注文後、お金を振り込んだその日のうちに入金確認メールが届き、次の日に発送連絡があって、そのまた次の日に到着するという非常に迅速な対応でした。

ちょっと話はそれますが、今回は、電池駆動の携帯機器の選び方についても考えさせられました。
機器の使い方にもよると思うのですが、充電池がだいたい1年で劣化するとなると、電池交換のできない機器を買うのは躊躇してしまいます。
ただし、例えばAppleのiPodなどは6,800円で本体ごと交換してくれるらしいので、そういうサービスがあるかどうかもチェックポイントになりそうです。

 | HOME | 

Calendar

« | 2006-02 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

Recent Entries

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly

Appendix

surf2koike

surf2koike

いろいろ試してみたことをぼそぼそと。

FC2Ad

まとめ