こいけいろぐ

http://surf2koike.blog62.fc2.com/

2006年 11月 27日 デジカメの使用焦点距離を分析してみる

ここしばらく、一眼レフデジカメの購入を検討しています。

我が家でのデジカメの利用形態は家族のスナップ写真が主です。最近は子供の動きにAFが追いつかない事例が多発していたので、その辺の改善を狙いたいところです。
とはいえ、今までFinePix S602の6倍ズーム(35mm~210mm)で慣れっこになっていたので、レンズ交換はあまりやりたくありません(一眼レフの意味がない??)。

今回は、これまでの撮影データを元に、主に使用してきた焦点距離を分析してみることにしました。

[分析方法]

FinePix S602で撮影したJPEGデータから、Exif形式で書き込まれている焦点距離情報を抽出し、excelで分析することにしました。
S602購入時(2002/6/28)から最近(2006/11/25)までに撮影した3265枚を対象にしています。

・焦点距離データの抽出
拙作のMakeThumb.jarのソースコードを修正し、焦点距離データをcsv出力できるようにしました。

・焦点距離分布の分析
excelの分析ツール(ヒストグラム)を利用しました。

[参考資料]

FinePix S602が作成するExifデータ中の焦点距離は以下の通りです。
(参考文献: デジタルフォト専科2003/3, P.43)

値(35mm換算焦点距離)
--------
7(35mm (ワイド端))
8(40mm)
9(43.5mm (電源ON時))
10(48mm)
11(52mm)
12(57mm)
13(62mm)
15(68mm)
16(75mm)
18(82mm (マクロのテレ端))
19(89mm)
21(98mm)
23(107mm)
26(117mm)
28(128mm)
31(140mm)
34(154mm (推定))
37(168mm)
42(189mm)
46(210mm (テレ端))

[分析結果]

(1) ヒストグラム
(画像クリックで拡大)
焦点距離ヒストグラム

値 (頻度) [累積%]
-------
7 (279) [8.5%]
8 (26) [9.3%]
9 (2116) [74.2%]
10 (56) [75.9%]
11 (26) [76.7%]
12 (44) [78.0%]
13 (52) [79.6%]
15 (36) [80.7%]
16 (28) [81.6%]
18 (129) [85.5%]
19 (31) [86.5%]
21 (25) [87.2%]
23 (23) [87.9%]
26 (23) [88.6%]
28 (21) [89.3%]
31 (13) [89.7%]
34 (20) [90.3%]
37 (28) [91.1%]
42 (19) [91.7%]
46 (270) [100.0%]

電源ON時(43.5mm, 標準レンズ的な焦点距離)がもっとも多く使われていることがわかります。全撮影枚数の65%を占めています。
その他は、ワイド端(7)、マクロのテレ端(18)、テレ端(46)が多く使われており、「ズームレンズはワイド端、テレ端で使われる確率が高い」という巷の説そのままになっているようです。
~80mmの焦点距離があれば85%の写真が撮れ、
~140mmの焦点距離があれば90%の写真が撮れるとも言えます。

(2) パレート図
(画像クリックで拡大)
焦点距離パレート図

ヒストグラムの変形(頻度順にグラフを並べ替えたもの)です。電源ON時、ワイド端、テレ端の組み合わせだけで85.5%を占めることがわかります。

[考察]
とても単純な結果が出たので、正直驚きました。
この結果を元に、例えばWレンズセットなどを購入する場合のレンズ交換頻度を見積もることができそうです。
スポンサーサイト

 | HOME | 

Calendar

« | 2006-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly

Appendix

surf2koike

surf2koike

いろいろ試してみたことをぼそぼそと。

FC2Ad

まとめ