こいけいろぐ

http://surf2koike.blog62.fc2.com/

2008年 11月 12日 時刻表をau携帯電話で持ち歩く

これまで、電車・バスなどの時刻表表示ソフトとして、Palm系PDAではDA TrainTimeを、SL-ZaurusではCaTrainを愛用していました。思いついた時にPDAをさっと取り出して、電車の発車時刻とカウントダウン時間が確認できるのはとても便利です。
また、利用する時刻表データ(nexttrain形式)はTrainConv5で自動作成できるのでとても簡単です。

しかし、PDAが絶滅危惧種となった現在、他の携帯端末への移行を検討する必要が出てきました。

携帯電話では、EZ Webなどネット上の各種時刻表サービスを利用することができますが、例えばそのサービスが最寄りのバス停の時刻表まで網羅できているかというと、そこまでは期待できません。

そこで、携帯電話単体で(ローカルに)動作するソフトについて調べてみたところ、主なキャリアのうち、特にauではユーザーによるアプリ作成の自由度が小さいことが分かりました。時刻表データなどのテキストファイルを読み書きするなど夢のまた夢、といったところのようです。

そのような制約下でのソフト実現は無理なのかな... とあきらめかけたころ、以下にたどり着きました。

TBL2SWF (王子南さま)

これは、時刻表データ(nexttrain形式)を、時刻表ソフトとともにSWF(Adobe Flash Lite 1.1形式)ファイルに埋め込んで変換してくれるソフトです。最近のau携帯電話では、Flashファイルのローカルコピー、実行が認められていますので、時刻表データをその数だけSWFファイルに変換してデータフォルダにコピーすれば準備が完了します。

あとは、データフォルダ画面から所望のSWFファイルを表示させれば、以下のような時刻表画面が表示されます。

TBL2SWFで作成した時刻表ソフト

PDAと比べ、au携帯電話では時刻合わせが定期的に(無料で)行われるというメリットがあるので、時計がずれる心配が無く、安心です。

Web(cgi)での変換ではQVGAサイズ向けの画面構成になるようですので、W53SのようなWQVGA機種向けにはJava製スタンドアロン版ソフトで変換した方がよいでしょう。
具体的には、以下のように変換オプションとしてWQVGAを指定すればOKです。

TBL2SWF(Java製スタンドアロン版)

いやー、このソフトは本当によくできています!

一つだけ注意点を。ネット上のサービスと異なり、この方法では時刻表データがSWFファイル内に埋め込まれるので、データが自動更新されることはありません。
運行ダイヤ改正などのタイミングでデータ(とソフト)を再生成する必要があることはお忘れ無きよう。
スポンサーサイト

 | HOME | 

Calendar

« | 2008-11 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly

Appendix

surf2koike

surf2koike

いろいろ試してみたことをぼそぼそと。

FC2Ad

まとめ