こいけいろぐ

http://surf2koike.blog62.fc2.com/

2017年 06月 17日 Acustik-Lab Boleroのエッジ修理(依頼)

Acustik-Lab Boleroのツィーターのウレタンエッジが劣化していることがわかったため、YOSHIDAスピーカーリペアサービス に修理を依頼しました。
発送から修理、返送までおよそ2週間。代金はL,Rペアで24,000円でした。

このスピーカーを購入したのは1995年12月なので、もう22年目の付き合いとなります。修理を依頼したきっかけは、この修理工房でスピーカーを修理してもらったという話題を友人からfacebook上で教えてもらったことでした。

ホームページ上に、Boleroのツィーターユニットの修理事例 が載っていたので、それを参考に私の所有個体も調べてみたところ、ウレタンエッジが同様に劣化してきていることがわかりました。幸い、若干ヒビが入っている程度なので、直してもらうなら今のうちと判断して、この工房の方とメールで連絡を取りました。

Acustik-Labは、2000年頃にビジネスを終了してしまったとのこと (ReQuest Audio社のページ によると)なので、メーカー修理はもう不可能です。今回、YOSHIDAスピーカーリペアサービスではホームページ上で修理事例を載せてくださっていたので、安心して修理を依頼することができました。

まず行ったことは、ツィーターの取り外しです。
マンボウAKIRA 様のblog「マンボウAKIRAのオーディオライフ」の「Boleroのツイーター交換」 というエントリを参考にさせていただきました。分解写真と配線に関する情報がとても参考になりました。

以下の写真のようにトルクスドライバーでツィーターユニットを取り外します。ユニットとエンクロージャーの間にガスケット(密閉用シール材)が挟まれているので、隙間にマイナスドライバーを入れ、てこの原理で少し持ち上げると外すことができます。

Bolero ツィーターユニット外し

そして、取り外したツィーターユニット2つを、エッジに傷が付かないように工夫しつつ、厳重に梱包して、修理工房へ発送しました。

Boleroツィーター梱包

その後、返送されてきた修理完了品を逆の手順で組み直して、作業完了です。

一枚目の写真が修理前、二枚目の写真が修理後です。

Boleroツィーター修理前

Boleroツィーター修理後

エッジ近辺を拡大してみます。
ウレタンが、ラバーシートに置き換えられ(エッジ形成・張り込みされ)ています。きれいな仕上げに感心しました。

Boleroエッジ 修理前

Boleroエッジ 修理後

これで、Boleroの美音をこれからも安心して聴き続けることができそうです。


スポンサーサイト

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly

Appendix

surf2koike

surf2koike

いろいろ試してみたことをぼそぼそと。

FC2Ad

まとめ