こいけいろぐ

http://surf2koike.blog62.fc2.com/

2013年 12月 23日 ハイレゾ、ローレゾ音源を比較試聴

手持ちのハイレゾ音源を、フリーの波形エディタを使ってローレゾに変換し、軽く比較試聴してみました。

音源: ウォークマンNW-ZX1に入っていた Watermelon Man / Herbie Hancock (96kHz, 24bit)
波形エディタ: SoundEngine Free (FLAC形式をWAV形式に変換してから編集します)
元音源:
・Watermelon Man_original.flac (元音源)
変換したファイル:
・Watermelon Man_16bit.flac (元音源から24→16bit変換)
・Watermelon Man_20kLPF.flac (元音源から20kHz以上をカット)

これらをNW-ZX1に戻して比較試聴してみました。

ハイレゾ、ローレゾ音源の比較試聴画面

・16bit変換のほうは一聴して違いがはっきりわかります。音の伸び、響きが悪くなり、CDっぽい音となります。ハイレゾ24bitよりも16bitのほうが音がカッチリして好きという人はいるかも。
・20kHz以上をカットした方は... うーん、これは違いがよくわかりません。私の耳や、イヤホンでは難しいかな。ヘッドホン(MDR-CD2000)でもわからず。

私の耳では、高音域よりも量子化ビット数の多さの方がハイレゾの恩恵がわかりやすいということがわかりました。今後の楽曲購入時の参考にしようと思います。

試しに、efuさん作のWaveSpectraを用いて楽曲に含まれる周波数を分析してみました(曲全体のピーク値)が、20kHz以上の音量は少ないですね。(まあ大抵の曲はこんなものでしょう) 高音域まで聴き取れると微少な雰囲気の違いが出るのかも?

ハイレゾ、ローレゾ音源の周波数特性(例)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://surf2koike.blog62.fc2.com/tb.php/268-7c278cef

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly

Appendix

surf2koike

surf2koike

いろいろ試してみたことをぼそぼそと。

FC2Ad

まとめ