こいけいろぐ

http://surf2koike.blog62.fc2.com/

2015年 04月 26日 リモコンの分解掃除 (ソニー RMT-B006J)

Blu-rayレコーダーのリモコンの調子が悪くなったため、リモコンを分解掃除してみました。

5年前に購入したこの機器(ソニー BDZ-RX105)は、私にテレビを見る習慣が無いため、ほぼカミさん専用機として年中稼働しているのですが、リモコンの使用頻度の高いボタン("次"とか)が効かなくなったようです。印刷も剥げ気味(苦笑)。
リモコンの型名(RMT-B006J)で検索したところ、同じものを修理した方のブログを見つけました。

「SONY BDレコーダー リモコン修理 [雑] / Hopi の大地」

コメント欄に「下部のスライドをあけると左右に長さ5ミリ程度の切り欠きがあり、そこから開けられる」という情報もあったので、それらを参考に分解してみます。

その前に、いちおうお約束の文言をば。

(!!注意!!) この記事は改造を推奨するものではありません。改造によりメーカー保証が受けられなくなることはもちろん、改造ミスによる感電、火災等が発生するリスクもあります。内容および結果に対して私は一切責任を負いません。


まず電池を外し、下の写真にある辺りの溝に、ドライバーの先端を突っこんで、ツメの引っかかりを外してやります。
そして、できるだけ傷が付かないように、左右の溝へ交互にドライバーを突っ込みながらパキパキと丁寧にツメの引っかかりを外していきました。

RMT-B006Jの三枚おろし

はい、これで三枚おろしの出来上がり。
傷も付かずにすみました。

RMT-B006Jを分解開始.jpg


問題のボタン付近を観察したところ、基板上の端子に汚れが付いていたので、無水アルコールで拭き掃除します。ついでに基板全体も拭いてやりました。ボタンのゴムが変質しはじめているのか、けっこう汚れが付いているものですね。(カミさんの使用頻度が半端無いということかも :-p )

先述のブログでは、ボタン裏側にアルミテープを貼るところまで対策されていましたが、今回は省いて、元のように組み直しました。

結果、ボタンの反応はとても快調になりました。
所要時間は20分ほど。慣れれば10分くらいでできそうです。

次に調子が悪くなったら、今度はアルミテープを貼るかな? いや、そろそろ買い換え時期か...?


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://surf2koike.blog62.fc2.com/tb.php/288-10435590

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly

Appendix

surf2koike

surf2koike

いろいろ試してみたことをぼそぼそと。

FC2Ad

まとめ