こいけいろぐ

http://surf2koike.blog62.fc2.com/

2015年 05月 13日 Huawei dtab d-01G (docomo)の購入

モバイル ステーション (ヤフオク!)にて、白ロム新品未使用品を購入。14,800円(税込)

Huawei dtab d-01G

電子書籍向けの8インチタブレットを探して、この機種を見つけました。私は専用端末(Sony Reader PRS-G1)を持っているのですが、そちらは画面サイズが小さく(6インチ)でカラー非対応のため、雑誌などが読みやすい8インチタブレットを試したくなったのがきっかけです。

当初は、Apple iPad mini 3やSony Xperia Z3 Tablet Compactなどの高級機種をチェックしていたのですが、主な用途を電子書籍の閲覧に絞って、通信はあまり行わず、音楽や映像にいたっては利用予定が無いという条件では、そこまで高級・高価な万能機種は必要ないと感じ、安価な機種で割り切ることにしました。

電子書籍用途の場合、最も気になるのが電池の持ちです。それも、連続使用時間の長さではなくて、電源オフ時に電池の減りが少ないこと(スリープ時の待機電流の少なさ)が重要だと思っています。というのも、読書はゲームやSNSと違って連続的に使用するのではなく、読んでは閉じ、読んでは閉じと、断続的に使用することが多いためです。
しかし困ったことに、この性能は各機種のカタログや取説には書かれていません。そのためネット上の口コミ情報を探すしかありませんでした。口コミを信用してこの機種を選んだのですが、これから使って評価してみたいと思います。ひとまず数日使った感じでは、電源オフ時の電池の減りはとても少ないと感じています。

次に気になったのは画面解像度です。最初は、小さい文字も細かく表示できる1200x1920(フルHD)の機種を探していたのですが、豆粒のような小さい文字を判別できることにこだわるべきかが気になり、今回は本機種の800x1280(HD)でよしとしてみました。その判断が妥当だったかどうかは、しばらく使い続けてみて評価したいと思います。

一方、通信用途(セルラー通信対応)も機種選びの条件に入れてみました。というのも、これまで使っていたSony Tablet Pの後継としても使いたかったからです。
国内での利用だけでなく、海外旅行時は現地のSIMを差して使うことを考え、Sony Tablet Pと同様にSIMロック解除が可能であること、もしくはSIMロックフリーであることを条件としました。国内ではドコモMVNOのSIMを差して使うことを考えると、ドコモから発売されている機種か、SIMロックフリーの機種が候補に挙がります。しかし後者についてはドコモのFOMAプラスエリア(Band 19)に対応していない機種が案外多いことがわかり、それらは選外としました。有名メーカー品でも非対応だったりするので、この点は要注意です。Huawei dtab d-01Gはドコモの機種ですので、その点は安心です。
海外では、SIMロックを解除して他社SIMを使うことになりますが、取扱説明書によると、他社SIMではLTE通信ができないとのこと。とはいえ、GSM/UMTS通信は可能ということなので、特に問題はないかと思います。

その他、合わせて Amazon.co.jp で以下を購入しました。
・保護フィルム 『Crystal Shield dtab d-01G』
・Transcend microSDHCカード 32GB Class10
・専用 軽量スリムケース

初期セットアップとして、以下を実施しました。
・「ひつじのしつじ」(iコンシェル)が画面を歩き回ってうざったいので、非表示に設定。
ひつじのしつじ

・ドコモ関連のアプリを「アプリを管理」設定メニューからできる限り無効化したり、アンインストール。
・ホーム画面(docomo LIVE UX)が重いので、Nova Launcherをインストール。
Nova Launcherに変更

・無線とネットワークは「機内モードON」として、通信したいときのみOFFにすることとする。

今後、気づいたことがあればレポートします。

(2015/6/7 追記)
6月になって、NTTドコモのネットワーク利用制限携帯電話機確認サイトでの確認結果が、"△"から"○"に変化したことを確認しました。
モバイル ステーション では、商品に「無期限ロック保証」を付けてくれているため、万が一"×"になっても安心だったのですが、これで、今後"×"になる心配も無くなり、ほっとしました。

ネットワーク利用制限携帯電話機確認結果






2014年 04月 19日 SIMロックフリー端末向けに、渡航先でプリペイドSIMを購入する際のTIPS

2年前にヨーロッパのあちこちへ出張し、各国でプリペイドSIMを買うという経験をしたのでメモとして残しておきます。
SIMは主に Sony Tablet P (ドコモショップでSIMロック解除してもらったもの)で利用しましたが、スマートフォンで利用する場合も同様かと思います。

・SIMの入手のしやすさは国によって異なるので、事前にwebなどでチェック

国民IDが無いと買えない(ノルウェー)、IMEI登録しないと突然通信が遮断される(トルコ)といった難易度の高い国では、プリペイドSIMはあきらめましょう。空港の自販機で買える(例えばイギリスのヒースロー空港)場合がいちばん楽でしたが、不良品のSIMにあたって通信できず、ハマったこともありました。

私の経験の範囲では、以下の状況でした。(2012年)
イギリス: ロンドンは、ヒースロー空港内の自販機で購入可。街中でもショップは多い。
ヒースロー空港内のSIM自動販売機
ヒースロー空港内のSIM自動販売機

・イタリア: ローマは、レオナルド・ダ・ヴィンチ国際空港内で発見できず、ホテルWi-Fiのみに頼るはめに。
・スペイン: バルセロナは、街中のショップで購入可。
・オランダ: アムステルダムは、空港、街中のショップで購入可。
アムステルダム市街のT-Mobileショップ
アムステルダム市街のT-Mobileショップ。VodafoneやKPNショップ、MVNOも含めて複数キャリアを扱う専門ショップも見かけました。

・ノルウェー: 国民IDが無いと買えない。
・ベルギー: ブリュッセルは、中央駅のショップで購入可。
・トルコ: イスタンブールは、アタテュルク国際空港内で購入可。でも前述のようにIMEI登録しないと突然通信が遮断されることがある。(Turkcellで遭遇, Vodafoneでは運良く(?)問題なし)
アタテュルク国際空港内のVodafoneショップ
アタテュルク国際空港内のVodafoneショップ
アタテュルク国際空港内のTurkcellショップ
アタテュルク国際空港内のTurkcellショップ

・店頭での対面販売が一番確実

街中よりも空港のほうが、英語の通じる店員さんがいる確率が高いのでお勧めです。SIMの単価、付加される通信データ量(100MBとか1GBとか)、有効期間などはその場で聞いて確認します。複数のキャリアのSIMを扱っている専門ショップであれば、それぞれの長所短所を比較できますし、MVNOの安価なSIMを勧めてくれることもあります。また、アクティベーションも店員さんにお任せするのが一番確実かと思います。

・アクティベーションや通信容量のチャージ用にSIMロックフリー携帯電話を持って行く (タブレットで使う場合も)

店員さんがお店の携帯電話でやってくれたことも何度かありましたが、実際に使いたい携帯電話、スマホを渡して、それでアクティベーションしてもらうのが良いでしょう。そうすれば、万が一使えない場合にもすぐ返品できると思います。

アクティベーションの方法としては、特定の電話番号にかけて、ガイダンスに従ってボタンを押すというパターンが多かったですが、ガイダンスが現地の言語しかない場合もあり、そのときは店員さんに頼るしかありません。一方、使い始めるだけで自動でアクティベーションされるキャリアもありますの で、それも店員さんに聞きましょう。

・通信容量のチャージ方法を確認する

キーワードは「Top-up」。店頭で店員さんに代金を払って行ってもらう方法、店頭のTop-up端末で自分で実施する方法、特定番号に電話する方法、Webから支払う方法などがありました。要確認です。

・複数国をまわる場合、プリペイドSIMはうれしくない。

イギリスのVodafoneから、複数国で安価にローミングできるSIMが出ているという噂は見たことがありますが、 たいていのプリペイドSIMはほとんどその国内でしか使用できない(国外でのローミング料金がバカ高い)と思った方がよいでしょう。各国で苦労してプリペイドSIMを買い直すくらいなら、日本で契約しているキャリアのパケット定額を使うほうが楽なような気がします。

・APN設定をあらかじめ調べておく

プリペイドSIMと組み合わせて利用するAPNについて、自動設定されない場合は、手動で設定する必要があります。例えば、このページに載っているapns-full-conf.xmlをダウンロードしておき、そこに書かれている設定を手動入力するとよいでしょう。SIMのmcc,mnc情報に対応するapn, user, password情報を設定します。

とまあ、つらつらと書いてきましたが、国やキャリアごとにいろいろなパターンがあるので、けっこう頭を使う必要があります。これらが面倒だなと感じる場合は、日本を発つ前に空港で安価なWi-Fiルーターを借りるというのもありかなあとは思いました。

2013年 06月 01日 IIJmio高速モバイル/Dの通信速度向上(バンドルクーポン付加)

今月から、IIJmio高速モバイル/Dの「ミニマムスタートプラン」に500MBのバンドルクーポンが付加されるようになったので、Speedtest.netにてチェック。上の2つがSony Tablet Pにて本日測定したもの(自宅と外出先)で、5番目と6番目が以前に測定したものです。
うん、2~3Mbps出ていますね。オッケーです。(以前は250kbps程度でした。)
945円/月という低廉な料金でこのスピードが出るとは、全く文句なしです。

IIJmio高速モバイル/D「ミニマムスタートプラン」の通信速度

2012年 07月 13日 iPhone 4の売却と、Android端末とIIJmio高速モバイル/Dの組み合わせへの移行

2年間利用した Apple iPhone 4 32GB を解約、売却してきました。

私の性格的に、「解約後はiPod Touchとして余生を送らせる」などというヌルい使い方はしないなあと思ったのと、売却価格の相場を調べたところ、ドスパラで最大22,000円と、新品のiPod TouchあるいはWalkmanの同等な価格になっていたので、さっぱりと売却です

iPhone 4 売却

付属品、梱包全て有り、ヘッドホン未使用、本体傷無し、という状況で、受付の店員さんの「ほとんどの場合20,000円前後ですね」という話を聞きながら査定を依頼したところ、結果は、満額査定の22,000円。「Apple製品に限って5%増しです」(!)とのことで、23,100円で売却してきました。
iPhoneの売却相場ってこんなに高いんですね。びっくりしました。

これで、私のスマートフォン入門編は終わり、いよいよ応用編かなということで、6月に以下を入手しました。

バルセロナ空港で購入したXperia X10 mini (欧州版)

・Sony Ericsson Xperia X10 mini
ヨーロッパ出張時にバルセロナ空港で入手。あまり安くもなく(199ユーロ)、型落ちだし、USでは3Gデータ通信できないなど、失敗したかな? と思いましたが、使い始めてみて、その便利さに本当に買ってよかったと思いました。Google Mapsは神アプリです。本当に。ただ、日本では電波法的に利用不可なのが痛いところ。

Sony Tablet PとIIJmio高速モバイル/D向けSIM

・Sony Tablet P
ソニーストアから購入しました。次に挙げるSIMと組み合わせて使います。

・IIJmio 高速モバイル/D ミニマムスタート128プラン
945円/月(128kbps制限)。追加クーポン購入により高速通信が可能(100MBあたり525円)。
Speedtest.netで速度を調べたところ、Download 155kbps、Upload 185kbpsといったところでした。facebookやtwitterならあまりストレスなく使えそうな感じです。

今回のiPhone 4の解約により、通信費が 3,784円/月 から 945円/月 に削減されることになりました。
引き続き、ガラケーとの2台持ちです。

2011年 04月 02日 BUFFALO ワンセグチューナー DH-ONE/IP の購入

BUFFALO iPhone・iPod touch・iPad 専用 ワンセグチューナー DH-ONE/IPをノジマ戸塚店にて購入。7,980円。

先日の地震で、TV(ワンセグ)の有用性を認識し、カミさんの携帯電話をワンセグ対応機種に変更したのですが、私の携帯電話でもワンセグの視聴環境を作っておこうと思い立ちました。

DH-ONE/IP

箱には、ワンセグチューナー本体(DH-ONE/IP)と充電用USBケーブルが入っており、アプリケーションソフト「ちょいテレi」はApp Storeからダウンロードして導入します。
「ちょいテレi」の初回起動時、DH-ONE/IPのファームウェア更新が行われましたが、それが済めばあとは普通に起動することでワンセグが視聴できます。

受信感度は、携帯電話と比べて低く、我が家(横浜市)の屋内ではうまく電波をつかみません。しかし、屋外であれば問題なく受信できます。

DH-ONE_IPでワンセグ受信(縦表示)


この機種の面白いところは、ファームウェアやアプリケーションソフトのバージョンアップにより機能追加がなされているところ。以下のような改善が行われています。

・DH-ONE/IPの内蔵電池残量が少なくなると、iPhone本体からの給電に自動で切り替わるようになった
・簡易録画機能がついた

また、充電ケーブルは、他のmicro USBの充電ケーブルでも代用できることを確認しました。
手持ちの「mini USB→micro USB変換アダプタ(充電専用)」(モバイルライフ M-19BK)で充電できています。

私はふだんTVを見ないのですが、緊急時、災害時にちょっとだけTVを見る(ちょい見)にはこのような外付け機器もアリかな、と思います。



2010年 10月 10日 EZwebを解約

先日iPhone 4を購入して、au携帯電話W53Sとの2台持ちになった結果、iPhoneではメールやWeb閲覧、W53Sでは音声通話と家族とのCメール向けと、完全に使い分けるようになりました。
これを機にEZwebは解約しようと思いたち、auショップで相談してみたところ、一つの大きな制約が見つかりました。

それは、au携帯電話のおサイフケータイ機能。この機能は正式名称がEZ FeliCaと呼ばれることからわかるように、EZwebの通信機能を前提としています。つまり安易に解約できないということです。

さて、困りました。おサイフケータイの機能のうち、モバイルSuicaやEdyは毎日の生活で使っています。しばらく悩んでみたのですが、ひょっとするとこれは身辺整理のいい機会かもしれないと思いたち、以下のように整理することにしました。

・ヨドバシカメラ ゴールドポイントカード
ケータイに入れていて利点を感じたこと無し→解約。
・ANAモバイルAMCアプリ
マイレージクラブの会員証として使えるが、仕事で使う国際線で必要になったことが無い。→ANA SFCカードが会員証として使えることもあり、不要。
・モバイルSuica
通信機能は継続定期券の購入以外で利用したこと無し。Suica定期券を買ってiPhoneケースにはさめば十分→電子マネーを使い切って、定期の有効期間が終わったら解約。
・Edy
これだけは外せない。W53Sの家計簿ソフト「おこずかい日記」と連動しているのもマル。でも通信機能を使ってチャージしたことはほとんど無く、EZwebが無くても問題無い。→継続利用

というわけで、まず、モバイルSuicaを解約し、その後でEZwebを解約しました。

これで、au携帯電話は月980円の電話、Cメール専用となりました。無料通話分は毎月余らせていますので、維持費はこれでほぼ固定です。iPhone4の縛り(というか新ホワイトプランの2年縛り)が終わったらauのスマートフォンを検討するかもしれませんが、それまではこの通話プランのまま2台使いで行きたいと思います。

(2010/10/24追記)
Edyについて、EZwebを外したためか、ANAの「ケータイ de Edyマイル」のサービス登録が解除されてしまったようです。Edyによるお支払いでマイルが貯まる仕組みだったのですが、これが解除されたのはちょっと誤算でした。

→ これは勘違いであることがわかりました。サービス登録は継続されていました。

2010年 08月 08日 Apple iPhone 4の購入

Apple iPhone 4 32GBをヨドバシカメラマルチメディア横浜にて購入。57,600円。

ここ半年超の長い逡巡を経て、Zaurus後継のPDAとしてiPhone 4を購入しました。
ここ数年のデバイスの進化はもの凄く、Zaurusに様々なソフトを導入したり、hackして実現してきたことがiPhoneではいとも簡単にできてしまうのに驚くとともに、bitwarpPDAとZaurusの旧式ブラウザでのWeb利用にも限界を感じてきたので、普段使いのデバイスを完全に乗り換えることにしました。

iPhone 4が発表された2010/6/8に購入を決め、6/15の予約開始とともにヨドバシ店頭を訪れたものの、ソフトバンクの予約システムがダウンしたとのことで予約できず、結局6/18に予約。
そして待たされること1か月、7/18に入荷の連絡があり、7/25に入手しました。

今回、事前に知人やWebからお勧めアプリの情報を集めていたので、アプリケーションの導入と設定はスムーズに進みました。
最初に導入したアプリケーションは以下の通り。

GoodReader - 様々な形式のファイルビューア
EBPocket free - 辞書引き
Echofon - Twitterクライアント
radiko.jp - ラジオ
Skype - インターネット電話
BB2C - 2ちゃんねるブラウザ

この中で一番使いでがあるのがGoodReaderです。普通は、その閲覧能力の高さが話題になるようですが、私が気に入ったのは、ファイル管理とテキストエディタ機能です。この文章もGoodReaderで書いてます。(フリック入力も試しましたが、やはり横向きのソフトキーボードのほうが入力しやすいですね。)

GoodReaderのテキスト編集画面

あとは、公式にはサポートされなくなってしまったようですが、USBケーブル経由でのPCとのファイル転送機能です。これがあるとないとでは、PDAとして見た場合の使い勝手がかなり違ってきます。
オフラインでのファイルの読み書きであれば、GoodReaderだけでほぼ完結できます。とても強力なアプリケーションだと思います。

EBPocket freeは、EPWING形式の辞書を引くのに使います。Zaurusで普段使いしていたジーニアス英和・和英辞典、広辞苑、WikipediaのEPWINGデータを、EBPocketのftpサーバ機能を使ってWi-Fi経由でiPhoneにコピーすれば準備完了...のはずなのですが、なぜか私の環境では、データ転送が途中で失敗することが多かったため、EBPocketのサポートサイトを参考にしてiFunBoxとUSBケーブルを利用して転送しました。

これでひとまず、オフラインでの利用に関する環境構築は完了。今後はスマートフォンらしくオンラインの使い方も検討したいと考えています。
(しかし、明日から数週間U.S.出張のため、パケ死を防ぐために「モバイルデータ通信」設定はオフにするつもりです。オンラインでの活用は当面おあずけです。)

2010年 06月 18日 iPhone 4を予約

本日、AppleのiPhone 4をヨドバシカメラマルチメディア横浜にて予約してきました。予約開始の初日(6/15)と2日目に覗いたときには店頭予約は中止、もしくは完了していたので、これで3度目の正直ということになります。
ソフトバンクモバイルは、生産台数が予約に追いつかないことが判明したため、本日で予約をいったん中止することを決定したとのことで、ぎりぎり間に合いました。

店頭にはすごい行列ができていて、私の手続きが終わった頃にはお店の本日ぶんの予約も完了していました。この店でもらった予約番号は1000を超えていて、入荷も数週間待ちとのこと。はたしていつ入手できることやら。

私にとって、iPhone 4は、PalmやZaurusの後継です。入手できたら使いこなし方を研究して本blogに書いていこうと思います。

«  | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly

Appendix

surf2koike

surf2koike

いろいろ試してみたことをぼそぼそと。

FC2Ad

まとめ